卒業生と保護者様の声

卒業生と保護者様の声

伸学院セミナー HOME >  伸学院セミナーだより  > 卒業生と保護者様の声 3

一生の想い出として・・・想い出は大きな財産です。

  • 卒業生からのお便り

    一部ですが、伸学院セミナーの卒業生よりいただいた声を紹介させていただきます。

  • Y・M さん

    おおつき先生へ この手紙は4Bで書いてません。
    すみません…(笑)
    先生に教えていただいたのは、約1年で、もっと前からいる子よりも短かったですが、この1年、すごく充実していました。本当にありがとうございました。
    伸学院セミナーに通っていなかったら、数学は今まで以上に苦手なままだったと思います。

    冬の冬期講習では、9:00~6:00まで勉強…。
    最初はしんどくて、しんどくて、つらかったけど、だんだんと、点数が上がっているのを感じたときは、すっごく嬉しかったし、親にも点数が上がった!と自慢していました(笑)
    でも数学と、理科は全く点数に動きがなく落ち込んで、どう勉強したらいいのかわからなくなったときもあったけれど、60点代にやっとなったときはすごくうれしかったです。

    高校に行ったら、今までのように、大槻先生が手助けしてはくれないので、自分自身で計画を立て、頑張っていきたいと思います。
    本当に本当にありがとうございました。

  • O・N さん

    大槻先生
    この三年間、私に勉強を教えてくれて、ありがとうございました。
    先生のおかげで、第一志望の県立西宮高等学校に受かることが出来ました。
    まだ私が小学6年生だった頃、この塾に通い始めて、「もう中学生だ」とワクワクしていました。
    少し不安もありましたが、「注意力の差が学力の差」などが書かれている学習心得のプリントを見るたびにもう中学生になった気分で嬉しい気持ちになっていました。

    早速授業が始まって、驚くことばかりでした。
    小学校の時の授業とは、全く違っていたからです。でも、それぞれに意味があって、勉強しやすい環境でした。
    例えば、最初に黒板の文字を写して、先生の説明のときは手を置いて話を聞くことです。
    その方が集中して話を「聞く」ではなく「聴く」ことができ、頭に入り易かったです。
    もう一つは、かっこの中や書かれていない所を自分で考えて書くことです。今までそんなに意識していませんでしたが、そうする方が「自分で考える」事が出来て、どんどん分かるようになりました。
    今までの先生の名言の中で私が好きな言葉は「式には必ず意味がある」です。
    数学や理科などで計算をするとき、単位を考えなかったり、意味を考えなかったりすると、よく間違った答えが出ていました。でも、単位や意味を考えただけで解ける問題が多くなりました。高校生になっても、この言葉を忘れずに勉強を頑張りたいです。
    先生の授業はわかりやすいだけではなくて、おもしろかったので、いつも楽しかったです。
    例えば「アメチャン」とか、「ふさこさん あき地でしなびた」などの覚え方があって、楽しく覚えることが出来ました。

    私は、NPOとNGOをよく間違えていたのですが先生が「non governmental organizations!!」と言っていたのがなぜか強く印象に残っていて、覚えることができました。
    また、これは悪口になるかもしれませんが、先生の美術の才能が素晴らしくていつも楽しかったです。
    それに、上腕二頭筋と上腕三頭筋もばっちり覚えました。

    先生にはこの三年間、手紙に書ききれないほど、もっといろいろなことを教わりました。
    どれも忘れられない大事なことでした。
    わからない時はわかるまで教えてくれて、ダメなところはしっかり注意してくれて、本当にお世話になりました。
    この伸学院セミナーに行って、大槻先生に教えてもらったから合格できました。

    私の学年の中で一番私が長くいて、教えてもらったのでこの塾を卒業するのが少し寂しいです。
    でも、高校生になって、県西でトップを目指す!と約束していたので、これからも頑張りたいと思います。
    今まで本当にありがとうございました。

  • 保護者様からのお便り

    一部ですが、保護者様よりいただいた、声を紹介させていただきます。

  • S・S さんのお母様

    大槻先生

    とうとう今日の日が来てしまいました。
    夏休み以降、本当に幸せな受験生活でした。感謝してもしきれません。
    もっと早くからお世話になっていれば!
    と幾度となく思いましたが、本人が決めたことにこそ意味があって、だからあの怠け者だった娘が彼女なりに、ではありますが、頑張れたのだと思っています。
    先生に入塾のお願いに行ったあの日、 すぐK塾に退塾の意思を伝えました。
    私は仕事だったので後日挨拶に伺うつもりだったのですが、娘はどうしてもお世話になった先生に会って今までの感謝の気持ちを伝えたいと、 K塾に向かったのです。
    そこで信頼していた大好きな先生に罵声を浴びせられて帰ってきました。
    ひとりで行かせたことを今でも本当に悔しく思います。
    仕事から帰ると、滅多に泣かない娘が泣き腫らした目でくしゃくしゃになった退塾届を私に渡しながら「絶対合格するから!」と言いました。
    そんなスタートでした。
    難しい年頃のこの時期に心から尊敬できる大槻先生と出会えたこと、彼女の一生の宝物です。
    本当にありがとうございました。
    私から見れば、もうちょっと頑張れよ!と思うこともしばしばでした。
    ついぞ450には届きませんでしたが、ここ最近解いた過去問では420点以上、 社会も90点台を取ることもありました。
    どうか緊張せずに全力を出し切れますように!
    苦手な問題が出ませんように!笑
    そして先生にいい報告ができますように!

** 大変貴重なお声をみなさまありがとうございました **
PAGE TOP